2008年01月01日

年頭のごあいさつ

ぴかぴか(新しい)あけましておめでとうございますぴかぴか(新しい)

みなさま、どんなお正月をお過ごしでしょうか?

私はといえば、さすがに今日は事務所には出ず、親戚宅へ新年の挨拶に行ってきました。


そうそう、昨日の「ベートーベン交響曲全曲演奏会」、最高でしたるんるんぴかぴか(新しい)
もう、「ブラボーexclamation×2ブラボーexclamation×2」ですよわーい(嬉しい顔)

オーケストラの演奏であんなに「すごい」と思ったことは今までありません。

お気に入りの第七番では、涙がこぼれました。
オーケストラの演奏で泣いたのも初めて。
自分でびっくりしました。

指揮の小林研一郎さんもすごかったー(長音記号1)
私の2008年は素晴らしい幕開けでした。
本当に行ってよかったー揺れるハート


さて、2008年初ブログ。
年頭ということで、今日はボスからひとことです。
ブログ初登場。
ボスどうぞ手(パー)

どうも、ボスの松本です。
年頭のあいさつをと言われたので、書かせていただきます。

「一年の計は元旦にあり」といいます。
皆様今年の目標は立てましたか?
私は年末に今年一年を振り返っていろいろ反省しました。

私の今年の目標は「自分の時間を作ること」です。

去年は7月に独立して、それからは
常に事務所のこと、仕事のことばかり考えていました。
電車に乗っていても、本を読んでいても、
メシを食べていても、常に事務所と仕事のことばかり。

そのためクライアントの皆様には、
満足のいただける結果を出してきたと思いますし、
事務所として軌道に乗ったという
手応えを得ることができました。

6月は独立への不安ばかりでしたので、
それを考えるといい半年だったと思います。
でもそのお陰で「自分の時間」は全くなしでした。

本物のプロフェッショナルは
自分の時間を大切にするといいます。

特に経営者というのは、
自分が出す空気を大切にしなくてはなりません。
事務所内の空気、面談をしている時の空気、
ボスである自分の人柄が顕著に表れます。

仕事ができる人間であるという空気だけではなく、
どこかにゆとりのある安心できる空気が
大切なのではないでしょうか。

今年はそんな空気を醸し出せるプロフェッショナルを
目指したいと思います。


長々と失礼しました。
このブログは、事務所にいらっしゃる方に、
少しでも事前に事務所の雰囲気を知っていただけたらと
始めたものです。

現在、当事務所へ面談にいらっしゃるクライアント様は
かなりの数の方が、このブログを読んでからいらっしゃいます。
お褒めのお言葉もたくさん頂いております。
今後ともご愛読を宜しくお願い致します。
それから、小川さんいつもありがとう。
今年も小川さんの活躍に期待しています。


↑期待しています…と言われてしまいました。
今年こそは期待に応えなければ。

なによりもまず、お客様のお役に立つこと。
これが私の課題ですひらめき
2008年も補助者業しっかり励みますパンチ
posted by 司法書士松本 at 23:57 | 債務整理と過払い金の事例100撰
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9020149

この記事へのトラックバック