2007年11月19日

戸田駅上空にて

こんばんはわーい(嬉しい顔)
今日も寒かったです雪

こんな日にはやっぱりこたつでみかんですねいい気分(温泉)
私は小さい頃からこたつ虫で、一度入ったら最後、とことん出ない子どもでした。

「こんなあったかいとこから外になんて出られるわけがない。」

「よくあんな寒い中、学校に行けたもんだ。」
なんて、思ったりしていましたたらーっ(汗)
しょうがない子どもです猫

大人になってもこのものぐさはきっと変わらないだろうから、一人暮らしを始めるときには、こたつだけは絶対買わないと心に決めましたパンチ
一人の部屋でこたつ虫になってしまったら救いようがなさすぎます。
こたつとともに生きるのはあきらめましたもうやだ〜(悲しい顔)

そんなこたつの無い生活も早いものでもう10年。
こたつへの憧れは増すばかりですハートたち(複数ハート)


憧れといえば、空です。
どうやら私は、空に対しての憧れが強いらしく、空にまつわるものに好きなものが多いですひらめき

例えば飛行船。
今日、戸田の文化会館で行われた年末調整説明会の帰り、戸田駅のホームから飛行船が見えたんですexclamation
飛行船、ものすごく好きなんです。時間が許されるならいつまでも見ていたいです。どこまでも追いかけてみたいです。
いつか必ず乗るんだと決めています。

飛行機も好きです。昼の飛行も夜の飛行もどちらも良いです飛行機

対照的に、海にはあまり興味がないです。
沖縄に住んでいた頃、あまりの海の綺麗さに涙を流してフェリーに乗ったりしていましたが、潜りたいと思ったことはないです。

沖縄でもしょっちゅう空を見ていた気がします。


空飛びたい願望が強いので、ジブリ映画でも「魔女の宅急便」がお気に入りなのかもしれません。

魔法が弱くなって飛べなくなった主人公の魔女キキが、友達を助けるためにデッキブラシにまたがり空へ舞い上がるシーンは、何度見てもわくわくします。
「あの子飛んだわーexclamation」とオソノさんと一緒になって大喜びですわーい(嬉しい顔)

あっ、でもナウシカのメーヴェもいいですね。あんなに素晴らしい風使いになれる自信はないですけどふらふら

色々考えてみて、やっぱり私は、風の力を借りるとかではなく、自分の力で空を飛んでみたいと思うのです晴れ
posted by 司法書士松本 at 22:50 | 債務整理と過払い金の事例100撰
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6954946

この記事へのトラックバック