2007年11月12日

大都会・霞ヶ関

東京簡易裁判所…やっぱり、ちょっと迷ってしまいましたたらーっ(汗)
正確に言えば迷ったわけではなく、ビルを間違えましたバッド(下向き矢印)


民事事件の受付に行かなければばならないのに、刑事事件の建物に堂々と入ってしまいました。

空港にあるような手荷物検査の機械にバッグを通され、「さすがに警備がしっかりしているなーひらめき」と感心し、いざ受付を探すと無いのです目

うろうろしてみてもどこにも見当たらないので、警備のお兄さんに聞いてみると、「民事は向かいのビルですビル」と言われてしまいました。

刑事と民事で建物が違うなんて知らなかったです。
裁判所ってひとつだとばかり思ってました。ちょっと反省。

「どうもすみませんわーい(嬉しい顔)」とお兄さんにお礼を言って、いざ民事ビルへパンチ

しかし、ここもまたよく分からないのです。今日は少額訴訟の提起にいったのですが、どうやら普通の受付とは場所が違う様子。

「ボスから聞いてたのと違う…もうやだ〜(悲しい顔)」と、とたんに不安になりつつも、「誰かに聞けばなんとかなるだろうexclamation」と開き直り、再び人に助けてもらいながら、なんとか無事に済ませることができました。

初裁判所潜入、書類をおつかいしただけですが、なかなか刺激的でした揺れるハート
posted by 司法書士松本 at 22:32 | 債務整理と過払い金の事例100撰
この記事へのコメント
はじめまして。東京のとある事務所で補助者やってます。
>「誰かに聞けばなんとかなるだろう」
その通り、ガンガン聞いちゃいましょう!別に噛み付かれたりしないですから。役所の人達は随分丁寧に応対してくれるようになりました。法務局なんかはひと昔前までかなりシビアだったそうですが・・・
もっとも、事前にネットで確認しておくのがベターでしょうね。。。
Posted by ものぐさ補助者 at 2007年11月13日 22:24
おっしゃる通り、みなさんとても親切でしたが、それに甘えてばかりではいけませんね。
お役所の皆さんは、いつだって忙しくしていますから。
建物間違えるなんて、お話にならないですし。
でも、刑事のビル、大きくておもしろかったです。もう行くこともきっとないでしょうね…。
Posted by しげみ at 2007年11月14日 00:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6715402

この記事へのトラックバック