2007年10月09日

本の虫

今日、久しぶりに推理小説を買いました本宮部みゆきです。

外出途中の赤羽駅でふらっと立ち寄った書店に、読んだことのない宮部みゆきがあったものですから。
一時期ものすごいはまりました。「火車」の頃が私の中では全盛期でしたexclamation

時代小説もたくさん書いてるんですよねーペン私は時代物もけっこう読みますが、時代小説といえば池波正太郎が好きです。うちのボスは藤沢周平が好きらしいです。
池波正太郎の「剣客商売」シリーズがお気に入りですハートたち(複数ハート)おはるという娘が出てくるのですが、まっすぐでいつでも元気いっぱいでとてもかわいいのです。
池波さんのお話は、食事の描写が素晴らしいのも好きな理由のひとつです。さすが食通というかんじで、おそばひとつ、おむすびひとつをとっても、「なんだかすごくおいしそうぴかぴか(新しい)」「ものすごく食べてみたいんだけどー(長音記号1)」と思わせてくれます。

女の人が元気、食べ物がおいしそうに描かれている、この点が共通しているのが、宮崎駿監督の作品だと思います映画
「ナウシカ」「ラピュタ」「もののけ姫」etc…女の人がみんな元気いっぱいで魅力的です。観ていて嬉しくなりますわーい(嬉しい顔)

女の人がいきいきと元気に生きているうちは、世の中まだまだ大丈夫というのが私の持論なので、本でも映画でもそういう作品を好んでしまうんですねー。

これを書き終えたら、きっと今日買った宮部みゆき、読み始めちゃいますよー。読み始めたが最後、下手したら朝になってしまうのに…。分かっているのに本に手を伸ばす私。今夜はすっかり本の虫です猫
posted by 司法書士松本 at 23:54 | 債務整理と過払い金の事例100撰
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5794418

この記事へのトラックバック