2007年08月09日

敷金返還〜続編〜

先月初め(7/18のブログ参照)に敷金返還のご相談でいらしたご夫婦より電話がありました電話
「大家さんより部屋の故障箇所の写真が添付された請求書が送られてきました。」とのこと。

前回のご相談以降、敷金返金の意思があるのか様子をみている状態でしたが、どうやら完全にその意思はないようです。
故障について、「通常の使用範囲内では生じないものであるため、修繕費用の全額を負担していただきたい」と書面に書かれていましたmail to

こうなっては様子をみていても仕方ありません。私どもにおまかせいただけるということなので、正式に受任の手続きをし、相手方に訴状を送ることになりました。
新米補助者の私は、敷金返還請求の依頼を扱うのは初めてです。勉強のためにも、丁寧に取り組んでいこうと思っていますパンチ
posted by 司法書士松本 at 00:19 | 債務整理と過払い金の事例100撰
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4959009

この記事へのトラックバック