2007年07月16日

初相談者!

事務所開業から5日目にして、初めてお客様からお電話がありましたexclamation

うちの事務所は年中無休で、業務終了後の問い合わせも、すべてボスの携帯に転送されますphone toこの日の電話も、ボスの携帯にかかってきたものでした。

身内や知人の紹介ではなく、文字通りの新規顧客です。
一応看板は出していますが、ホームページは作成中ですし、他の宣伝もまだこれからという状態なのに、「どこでうちの事務所を・・exclamation&question」と疑問に思いつつ、ひとまず簡単に相談内容を聞いてみると・・【賃貸マンション退去時の敷金返還トラブル&それに伴うもろもろのもめごと】・・といったことのようです。

電話でここまで聞き、あとは2日後事務所に来てもらうことにした、と翌日ボスから報告されました。

新米補助者である私にとって、相談者と対面するのは初めてのこと。「なにをしていたらいいでしょう。」とボスに間抜けな質問をしてみたところ、「聞いていなさい」と言われ、当日スムーズに話が理解できるよう、敷金返還請求のおおまかな流れをボスに聞いておくことにしました。

さて当日、事務所にみえたのはお若いご夫婦。「お客様だ!」と舞い上がる私揺れるハートひとまずお茶を出し、落ち着いたところでいざ相談へ。
初めて目にする相談者対司法書士の話は、リアルでためになり、「なるほどな。」と思わせるものでしたひらめき

詳しい内容は、また次のお話。
posted by 司法書士松本 at 19:16 | 債務整理と過払い金の事例100撰
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4753494

この記事へのトラックバック