2011年05月27日

Case037 さいたま市・S様

 借り入れ期間整理前債務額整理後債務額
セディナH 7〜H2276万円−23万円
ニコスH 8〜H22160万円43万円
オリコH 8〜H2246万円19万円
イオンH12〜H2249万円−25万円
アコムH12〜H2250万円28万円
アイフルH12〜H2230万円−54万円
レイクH12〜H2262万円−45万円
CFJH17〜H2292万円38万円
プロミスH17〜H2247万円0万円

整理前合計債務額612万円毎月返済額21万円
整理後合計債務額−19万円毎月返済額0万円


〜代表司法書士松本からのコメント〜
S様は会社経営者であり、負債の多くが事業資金の借入れということでした。
612万円の負債に対し、毎月21万円の支払いをしていました。
毎月21万円の支払いを継続していくのは厳しいため、
不動産を売却し、その売却代金で完済することを考えていたそうです。
不動産が売却されれば612万円の全額支払いは可能と見込んでいたそうですが、
インターネット等で債務整理の話を知り、当事務所へ相談にいらっしゃいました。

取引をしている債権者数が多く、また、取引年数も5年から15年と幅がありました。
過払いの発生が見込まれる業者と、負債が残る業者とが混在していました。
当事務所の判断として、過払い金で負債を完済できる可能性は五分五分でした。
そのため、不動産の売却は同時並行で進行してもらうことにしました。

債権調査を経て、引き直し計算をすることによって、
支払う負債総額が128万円、回収可能な過払い金が約150万円と算出されました。
トータル的に見れば、612万円あった負債が丁度ゼロに近づいた計算です。

しかし、消費者金融は、そう簡単に過払い金を返還してきません。
計算上は約150万円の過払いがあっても、
「早期返還しますので、請求の5割で和解してもらえませんか?」
などという交渉をしてくるのが通常です。
全額回収するのであれば、訴訟手続を踏まねばなりません。

S様のご意向を確認したところ、時間がかかっても全額の回収をご希望されました。
最終的には、時間こそかかりましたが147万円を回収できました。

本来なら、この回収金額を支払いに回して完済に至るところですが、
回収前に不動産が売却できたため、負債はその売却代金で先に完済しました。
当初612万円支出する覚悟があったS様は、
返済金額が大きく減ったことに大変満足されていました。

※マイナスの表示は過払い金を取り返したことを表します。
posted by 司法書士松本 at 11:28 | 債務整理と過払い金の事例100撰