2011年04月28日

Case034 川口市・A様

 借り入れ期間整理前債務額整理後債務額
アコムS60〜H22240万円−125万円
アイフルH 9〜H140万円−18万円

整理前合計債務額240万円毎月返済額5万円
整理後合計債務額−143万円毎月返済額0万円


〜代表司法書士松本からのコメント〜
アコムに240万円の負債が残っているということで面談にいらっしゃいました。
面談の際にアイフルにも過去に払い終わった取引があることが判明し、
アイフルには過払い金の返還請求をすることにしました。

毎月5万円の支払いが苦しいということで相談にいらっしゃいましたが、
取引の状況を伺ってみたところ、現在の負債はなくなり、
さらに過払い金が発生する見込みが高い状況でした。
A様は、負債がなくなりさらにお金が返ってくることが信じられないようでした。

確かに240万円の負債は大きいです。
240万円を借りて、仮に25%の高金利で取引をしていれば、
毎月5万円が利息になってしまいます。
法律上、100万円を超える貸付に対する利息は、15%までしか認められません。
240万円に対する適法な利息は毎月3万円までです。
実に毎月2万円もの余計な利息を払っていることになるのです。
債務整理をすれば、負債が加速度的に減るのはこうした事情によるものです。

結局、アコムに対しては、大きな過払い金が発生し、
ご本人様にも何度か裁判所へ足を運んでいただきました。
最終的には、アコムの弁護士と和解をして解決しました。
A様は、負債がなくなったということだけで大満足なご様子でした。

※マイナスの表示は過払い金を取り返したことを表します。
posted by 司法書士松本 at 18:17 | 債務整理と過払い金の事例100撰