2011年04月22日

Case033 川口市・T様

 借り入れ期間整理前債務額整理後債務額
アコムH17〜H2240万円40万円
プロミスH21〜H2233万円33万円

整理前合計債務額73万円毎月返済額2万円
整理後合計債務額73万円毎月返済額2万円


〜代表司法書士松本からのコメント〜
データだけ見る分に関しては、何も変わっていないように見えます。
整理前の債務額も毎月の返済額も、整理後のそれと同じです。

しかし、手続の前後で、実際は大きく変わっています。
それは、今後支払う総額です。

手続前は、毎月2万円の支払いの内、約1万2千円くらいが利息に消えていました。
元金は毎月数千円単位でしか減りません。
加えて、数千円単位で減らしたとしても、また借入れを行ってしまうこともあります。
払っても払っても、終わりが見えるどころか、負債総額は変わらぬままです。

ところが、手続後は毎月の2万円が全て元金に充てられます。
毎月毎月、債務額が確実に2万円ずつ減っていくのです。
指を折って数えれば、あと何回で終わるのかはっきりとわかるのです。

キャッシングを利用している方の中には、
あとどれくらい支払えば完済できるのかを知らない方もたくさんいます。
お金があるときに返す、足りなくなったら借りると
自分のお財布がわりで利用している方もたくさんいます。
毎月の支払いを難なくこなせるがために気付いていないだけで、
実は、先の見えない支払いを続けている方がたくさんいるのです。

今、本当に何が起こるかわからない時代です。
先の見えない支払いを続けている方は、債務整理で支払い方法を見直しましょう。

※マイナスの表示は過払い金を取り返したことを表します。
posted by 司法書士松本 at 17:54 | 債務整理と過払い金の事例100撰