2008年09月03日

相続のお仕事

こんばんはるんるん

今週は、いままであまりやったことのない相続登記に関わっていますひらめき

デスクには戸籍が積まれ、しばらく片付きそうにないです。

慣れない業務ゆえ、相続人確定のための戸籍取得だけでも時間がかかります。

郵送請求すると予想以上に時間がかかったりするので、急がなくちゃと思うのですが、相変わらず戸籍の解読が苦手でたらーっ(汗)


今日も、「やっぱり難しいわ もうやだ〜(悲しい顔)」と頭を抱えて読み解きながら、普段はあまりお目にかからない、天保、文政、安政、万延などの古い年号を見つけては、「ご先祖様達はすごい時代を生きてきたもんだ…」と余計なことに思いを馳せ、無駄な時間を使ってしまいました ふらふら


安政なんていったら、あの安政の大獄の時代ですよ。

井伊直弼とかが普通に生きていた時代。

テレビの時代劇などで見ていても、おとぎ話のようなかんじで実話とは思えなかったりしますが、こうして戸籍に載ってたりすると、本当にあったんだぁと妙に納得できます揺れるハート

「戸籍見るのやだなバッド(下向き矢印)
と、どんどん嫌いになりそうだったので、興味をもてそうな事が少しでも見つかってよかったです わーい(嬉しい顔)

あとは少しでも早く解読できるように、たくさんの戸籍に触れていくしかないですねパンチ






posted by 司法書士松本 at 21:55 | 債務整理と過払い金の事例100撰
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18787315

この記事へのトラックバック