2008年07月18日

後見日誌

こんばんはexclamation

今日は午前中ボスが後見人を担当している方にお会いしてきました車(セダン)

先日ブログにも書いた80代のご婦人ですリボン

いつも大量の資料を読んでいるので、私にはその方についての知識があります。

でも、あちらからしてみれば、私なんて初めて会うまったく知らない人なわけです。

「なんだかよく分らない人がきた。」
と怪訝な顔をされたらどうしようと思いましたが、そんなことまったく心配いりませんでした。

「松本の補助者ですexclamation
と名乗っても、

「???」
というかんじで、娘さんかと思われたりもしましたが、こころよく出迎えてくれました揺れるハート

専用の個室に招かれ、一緒にお茶を飲みテレビを見ながら、

「お食事はおいしくいただけてますか?」
「お散歩はどこまで行ってるの?」
「夜はちゃんと眠れてますか?」

と、世間話からご家族のこと、グループホームのお友達のことなど、色々おしゃべりしてきましたひらめき

どれほど大量の資料を読んでも、『やっぱり百聞は一見に如かず』だなぁと思います目

ほんの短い時間でしたが、おばあちゃんのこと、たくさん知ることができました。

帰るときには、車が見えなくなるまでずっと玄関で見送ってくれました。

明日になったら忘れてしまうかもしれませんが、それでも全然構いません。

私の心にはしっかりと刻み込まれましたぴかぴか(新しい)

またお会いできるのが楽しみです わーい(嬉しい顔)

posted by 司法書士松本 at 23:48 | 債務整理と過払い金の事例100撰
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17118805

この記事へのトラックバック