2008年06月17日

プライド

私の敬愛するミュージシャンの楽曲で、こんな風に歌が始まるものがあります。


「思うようにはいかないもんだな。
     つぶやきながら、階段をのぼる。」


債務整理の受任件数が増え、たくさんの依頼人と関わるようになり、思うことがあります。

人生山あり谷ありというけれど、ひょっとして谷のほうが多い?と もうやだ〜(悲しい顔)


登記の仕事などに比べると、確かに債務整理は完了までに時間がかかります。

でも、依頼人ひとりひとりの長い人生のなかでは、私たちが関わるのはほんの一瞬にすぎないはず。

そんな一瞬のなかでも実に様々なことが起こるものです。

就職・結婚・出産など、幸せな出来事も多いですが、悲しい報告をされることも多いのが現実です。

リストラ・別離・病気、中には死に関わる重大なこともあります。


そんなときに冒頭の歌を思い出すのです。

わざと不幸になろうとしている人はいないはずです。

でもなんだかうまくいかないたらーっ(汗)

「こんなはずじゃなかった ふらふら

と思うことって誰にでもありますよね。

なにをやってもうまくいかない。

そんな流れにはまってしまうこともあります。

「自分ばっかりバッド(下向き矢印)

と思ってしまいがちですが、幸せそうにみえるあの人も、もしかしたら重たーい悩みを抱えているかもしれません。


「思うようにはいかないもんだな。」
と始まる歌も、最後はこう締め括られます。


「心の鍵を壊されても、失くせないものがある…プライド…」

この楽曲のタイトルは『プライド』


「今回はもう駄目かもしれない…」
と思ってしまうほどの逆境に立たされたとしても、自分で自分を諦めず、自分で自分を見捨てずに生きていたら、越えられない壁はないと思っていますexclamation


自分がすごく情けなくて、すごくみじめな気持になることもありますが、どんなにピンチのときも決して自分を嫌わずに、譲れないところはなにがなんでも死守しながら、たくましく生きていきたいです。


先日、依頼人でとても大きなピンチに遭遇した方がいて、ふと今日はこんな事を思いました。


人生のうちでたとえ一瞬の関わりであったとしても、ピンチを乗り越える手助けはきっとできるはずパンチ

前進する手助けをしたいと思っている人間が、少なくとも4人は
いるということ、いつでも耳を傾ける準備はできているということが伝わるといいなと思います。


posted by 司法書士松本 at 23:58 | 債務整理と過払い金の事例100撰
この記事へのコメント
プライド…
なーんか今の私みたい。
人生思うようには行かないもんだなぁ…

久々に聞いてみようかな
プライド…
Posted by けいこ at 2008年06月20日 13:02
けいこ様
聞いてみて。
「今の私みたい」
と思うときだからこそ、きっとなにか救いがみつかるよ。
Posted by しげみ at 2008年06月20日 13:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16119461

この記事へのトラックバック