2008年02月06日

さようなら。引き直し計算…

こんばんはー(長音記号1)
今日も雪が降りましたね雪

夜になるとぐんと冷え込みますが、先日加湿器とともにパネルヒーターも購入したので、足元が暖かくて快適ですいい気分(温泉)


さて、最近不動産・商業ともに自分で処理できる仕事が少しずつ増えてきたように思いますexclamation

登記の仕事はまだまだ慣れていないので、申請書になにか書き込むだけでも「間違えたらどうしようがく〜(落胆した顔)」とドキドキしっぱなしですけれど。

「この登記の添付書類はこれ」とか
「この申請書を綴じる順番はこう」とか
細かいきまりがたくさんあって、「みんなよく覚えていられるな〜」と感心します。

でも、登記おもしろいです。
細かい作業が多いですが、不必要なものは一切ないです。

「ふむふむ。これがこうなったことを確認するのにこれをくっつけなきゃ駄目なのねーひらめき」といった具合です。

だから、よーく考えれば分かってくるんです。
すべてにちゃんとした理由がある。ここがおもしろいです。


出来ることが増えてきたのは、成長している証拠なので嬉しいのですが、おかげでますます手が回らなくなってきましたダッシュ(走り出すさま)

なので、とうとう債務整理の引き直し計算を、専門業者に委託することになりました。

今まですべて一人でやってきたので、少し淋しいというか…妙な気持ちです。
巣立っていく子を見送る親心のようで、複雑ですバッド(下向き矢印)

債務整理の受任件数はうなぎのぼりに増えているので、当然の結果なのですが。

業者に委託することで、確実に時間は作れます。
できた時間を有効に使い、今後はもっと多方面でボスの力になれるよう修行しますパンチ
posted by 司法書士松本 at 23:50 | 債務整理と過払い金の事例100撰
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10579465

この記事へのトラックバック